横浜市神奈川区鶴屋町にある横浜駅近くの不妊治療専門施設

院長

横浜HARTクリニックの内観

横浜HARTクリニックの内観

  • 初診の方へ
  • アクセス
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • 診療案内
  • 施設案内
  • 体外受精
  • 当院の実績
  • 不妊症の検査
  • 費用について
  1. ホーム
  2.  » 院長
  3.  » いかがお過ごしですか?

いかがお過ごしですか?

蒸し暑い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしですか?

前回の投稿から1カ月近く空いてしまいました。書こうかなと思いながら筆が進まず、なんとなく自分の心が定まらない感じの日々が続き、自然に任せているうちに時間が経ってしまいました。

その代りなのでしょうか、読みたいと思っていた本を2冊読みました。

1冊目は、George Orwell の「1984」。古典中の古典ですが、そのために題名は知っていても実は読んでいない人が多い本です。私も何年か前に買ってはいたのですが本棚に眠ったままになっており、今回きちんと読んでみました。いわゆる監視社会について、国民の生き方が風刺的に書かれていて、今の日本の状況と比較しながら読むと面白いと思います。自分ならどう生きるだろうか、主人公のWinston Smith の生き方をするか、その他大勢の生き方をするか、と考えたりするのですが、本文最後の1文(原文では4つの英単語)をみて愕然とします。

2冊目は、Henry Marsh の「Do no harm」(日本語にも訳されています)。イギリス人脳外科医の随筆です。ベストセラーになったようですが、確かに文章から人間に対する愛情が感じられ、医者としても人としても自分の心ときちんと向き合って書かれていると思います。医者と患者さんとの関わりにおいて、端的に言うと、その結果は次の3通りです。

(1)患者さんの望む通りの結果になって感謝される、(2)患者さんの希望通りの治療結果を出せずに治療を終了する、(3)治療前よりも患者さんの苦しみが増える。

脳外科医の Marsh にすれば、(1)は腫瘍が取りきれて完治すること、(2)は腫瘍を取り切れず手術が不完全に終わること、(3)は手術時に正常な神経を傷つけて麻痺を残すこと、でしょう。これらが臨場感を持って、正直に書かれています。私もロンドンに5年半いたので、会話の文章が生き生きと伝わってきて、Marsh の喜び、焦り、悲しみ、絶望が非常によくわかります。

そして先の3つは当然私自身の医者としての日常にも当てはまります。(1)は妊娠、出産に至ること、(2)は力及ばず治療を終了する旨説明すること、(3)はそういうつもりではなかったにしても、私の言動が患者さんを傷つけて治療がつらくなったり、治療の副作用として身体的な後遺症を残してしまうこと、です。(3)が生じないように努めてはいますが、自分が気付いていないだけかもしれません。

不妊治療を長く続けてくると、私にもMarsh のように書こうと思えば書けることはたくさんあります。患者さんから丁寧な手紙をいただいて、そうだったのかと気づくことも多く、また患者さんの中には自身で本を出版され、その中に私とのことを書いてくれた方々もいます。いつか私も本を書いてみてもいいかな、と思ったりもします。次の世代へ残せるものの一つですからね。

 

不妊治療
  • 不妊症とは
  • 不妊症の検査
  • 不妊症の原因
  • 当院の体外受精
  • カウンセリングについて
  • 費用について
  • Q&A

メディカリスト