横浜市神奈川区鶴屋町にある横浜駅近くの不妊治療専門施設

院長

横浜HARTクリニックの内観

横浜HARTクリニックの内観

  • 初診の方へ
  • アクセス
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • 診療案内
  • 施設案内
  • 体外受精
  • 当院の実績
  • 不妊症の検査
  • 費用について
  1. ホーム
  2.  » 院長
  3.  » 新幹線の車中で

新幹線の車中で

母が亡くなってから半年間そのままになっていた、桑名のマンションへ行ってきました。片づけをしなければいけないとずっと思いながら、忙しくて行けずにいましたが、ようやく行くことができました。でも本当は行く気になれなかったから、行かなかったのかもしれません。

住人のいなくなったマンションに入るのはやはり寂しいですね。帰省するといつも「いらっしゃい、よく来たね」と声をかけてくれましたが、今日は私が「来たよ」と言うだけでした。

桑名へ向かう新幹線の中で何を読もうかと考えていたのですが、新横浜駅の売店で文藝春秋の「前川喜平前文科事務次官手記」という見出しを見つけて、これを読むことに決めました。私は、この前川さんという「人」に興味がありました。

記事の内容は特に面白くありませんが、手記の最後にこの方の「人」が表れている部分を見つけました。105ページ、下段、右から13行目、「でも公僕は…」という表現、さらにその4行後、「私は人々のために尽くしたい、人を幸せにする仕事をしたいと考え、文部省に入りました。」という箇所です。おそらく、この方が手記に書いている内容は真実なのでしょう。

私も小さい頃から医者になりたくて医者になりました。小さい頃はよく熱を出して、近所の内科に行きました。夜遅くに診てもらうこともありましたので、医者とは昼夜関係なく仕事をするものと思っていました。さらに、国立大学に入学し、授業料のほとんどを税金から出してもらって医者にしていただいたわけですから、社会に還元したいという思いは強いです。公務員ではありませんから「公僕」ではありませんが、「人々のために尽くしたい、人を幸せにする仕事をしたいと考え」医者になりました、という点は前川さんと同じです。

前川さんは、現役時代には大きな組織の中で、その思いを貫くことが難しかったのでしょう。それに比べると、私の場合、あまり医局組織と関わらずに自分のしたいことをしてきましたので、しがらみのない分恵まれているのかも知れません。後悔することのないよう、初心を忘れず日々の診療を積み重ねて、より多くの人に喜んでいただける仕事をしたいですね。

不妊治療
  • 不妊症とは
  • 不妊症の検査
  • 不妊症の原因
  • 当院の体外受精
  • カウンセリングについて
  • 費用について
  • Q&A

メディカリスト