横浜市神奈川区鶴屋町にある横浜駅近くの不妊治療専門施設

当院の体外受精

横浜HARTクリニックの内観

横浜HARTクリニックの内観

  • 初診の方へ
  • アクセス
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • 診療案内
  • 施設案内
  • 体外受精
  • 当院の実績
  • 不妊症の検査
  • 費用について

培養部から

培養部から

おかげさまで開院から3年が経ちました。培養部では常に、みなさんに子供を授かっていただくことを最大の目標としております。そのために私たち胚培養士が大切にしているのが、

(1)お預かりした卵子や精子を安全に取り扱うこと、
(2)最適な培養環境をととのえること、
(3)高水準な胚培養技術を提供すること

の3点です。

安全な取り扱いとは、取り違えの防止や、事故の防止を指します。当院で、精子や卵子、受精卵(胚)を取り扱う際には、必ず培養士2名以上で作業することで、安全な取り扱いを徹底しております。また、最適な培養環境をととのえるために、培養に使用するインキュベータの点検、胚を取り扱うクリーンベンチの温度管理、培養液のpHチェックなどを定期的に実施し、機器や培養液の品質を管理しております。高水準な胚培養技術を維持するためには、研修体制をととのえ、当院の基準をクリアした培養士のみが卵子や精子を取り扱っております。さらに、すべての作業について手順書を遵守することで、培養士による技術の差を減らし、全員が一定水準以上の技術を共有しております。これらの取り組みの結果、これまで当院では取り違えや事故が生じることなく、安定した受精率および妊娠率を維持しております。

胚培養士の業務はみなさんの目に触れにくく、大切な精子や卵子をお預けになる不安もあるかもしれませんが、当院では、胚培養士がひとつひとつの操作を丁寧に確実に行っておりますのでご安心ください。また、培養室の中を見られる窓もありますので、興味がある方は是非ご覧ください。これからも、みなさんが笑顔で産科へ転院できるよう、最大限のサポートをして参ります。

当院の体外受精

体外受精(顕微授精含む)は不妊治療の中で最も効果の高い方法ですが、その方法にはいろいろあり、クリニックによって方針も異なります。横浜HARTクリニックの基本方針は(1)刺激周期採卵、(2)胚盤胞培養、(3)より胚に優しい凍結技術、です。このページでは、当院の体外受精について説明します(「診療案内」の「体外受精」の項も参照して下さい)。

刺激周期か自然周期か

当院では、原則刺激周期を行っています。しかし、患者さんからの希望がある場合、または、刺激をしても卵胞数が増えないと思われる場合(抗ミュラー管ホルモン、AMHの値が低い場合)には、低刺激・自然周期も行っています。刺激周期を勧める理由は、採卵数が多い方が治療当たり(採卵あたり)の妊娠率が高いことと、妊娠に至らない理由が卵巣機能にある方も多く、その場合には自然に発育する卵子を採取しても質が良くないことがあるためです。

刺激方法

主な刺激方法として、ロング法、ショート法、アンタゴニスト法があります。当院では現在、アンタゴニスト法を第1選択にしています。理由は、注射の量の調節がしやすく、注射の総量が押さえられ、OHSS(卵巣過剰刺激症候群)などの副作用も防げるからです。しかし、アンタゴニスト法で思ったように卵胞が育たなかったり、採卵数が少なかったりした方に対しては、次回ショート法やその他の方法を考えます。

採卵の時の麻酔について

局所麻酔または静脈麻酔を選んでいただきます。局所麻酔は、細い針で腟粘膜に麻酔薬を注射しますが、その際ほとんど痛みはありません。採卵中は普通に意識があり、体も自由に動きます。静脈麻酔はプロポフォールという麻酔薬を点滴します。採卵中意識はなく、目が覚めた時には採卵は終了しています。いずれの方法であっても、採卵後1時間から2時間で帰宅できます。採卵当日の午後、デスクワークは可能ですが、車の運転や体を使う仕事は避けるようにして下さい。

分割期胚移植か胚盤胞移植か

初回の体外受精では通常、採卵後2日目か3日目に新鮮胚移植を行います。これは受精卵(胚)の4分割から8分割の時期にあたります。すでに分割期胚を移植した経験のある方には、採卵後5日目まで培養した胚盤胞を移植します。胚盤胞まで育った胚を移植する方が分割期胚を移植するよりも妊娠率が高くなりますが、全ての受精卵が胚盤胞まで育つわけではありません。分割期胚移植よりも胚盤胞移植の方が妊娠率が高い理由は、より力のある胚の選択が行われていることと、不十分な子宮内環境よりも培養液内の方が胚が良く育つためと考えられます。

新鮮胚で移植しなかった胚(余剰胚)のうち、基準を満たした胚盤胞のみ凍結保存します。

新鮮胚移植か凍結胚移植か

新鮮胚移植を行っても妊娠に至らない方には、凍結胚移植を行います。凍結胚移植には、新鮮胚移植後に残った胚盤胞(余剰胚盤胞)を移植する場合と、採卵周期には移植せずにグレードの高い全ての胚盤胞を凍結(全胚凍結)し、後の周期に移植する方法とがあります。従って、胚盤胞ができない方には凍結胚移植を行うことができません。

分割胚、胚盤胞に関わらず、新鮮胚移植がうまくいかない方の中には、刺激周期には子宮の環境が整わない方がいると考えられ、そのような方には凍結胚移植は有効な治療法です。凍結胚盤胞の移植は、排卵周期またはホルモン補充周期に行います。

胚の凍結方法

横浜HARTクリニックでは、受精後5‐6日目の胚盤胞をガラス化という方法で凍結しています。現在、多くのクリニックが胚を直接液体窒素に漬けて凍結しているのに対して、当院では胚を1つ1つ個別の密封容器に入れ、液体窒素で冷却された空気中で凍結しています。当院の方法では、胚が液体窒素を介してウイルスなどに感染する可能性がなく、さらに、胚を液体窒素中で紛失する可能性を回避できます。さらにDMSOなど胚にストレスがかかる物質を除いた凍結液を使用しています。これまでに、良い胚を凍結したのに妊娠に至らなかったという方々に是非試していただきたいと思います。

胚の凍結方法

不妊治療
  • 不妊症とは
  • 不妊症の検査
  • 不妊症の原因
  • 当院の体外受精
  • カウンセリングについて
  • 費用について
  • Q&A

メディカリスト