横浜HARTクリニック

〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-32-13 第2安田ビル7階

横浜HARTクリニック

ブログ・コラム

Blog・Column

  1. ホーム
  2.  » 院長
  3.  » タイミング性交と人工授精での妊娠

タイミング性交と人工授精での妊娠

当院の主治療である体外受精での妊娠成績は、ホームページ「当院の実績」(現在2016年7月までを集計中)に詳細に記載していますが、タイミング性交および人工授精で妊娠された方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか?

開院から2016年7月末までに、タイミング指導で妊娠された方が44人、人工授精で妊娠された方が21人です。

タイミング指導を希望して来院される方の中には、妊娠を希望して間もない方から3年以上トライしている方、クリニックを訪れるのが初めての方から他院からの転院を希望される方、など様々です。タイミング指導が有効なパターンを2つ挙げると、(1)女性の年齢が低く、月経周期が長い方、(2)通水検査(卵管にお水を通す検査)である程度痛みを伴う方、があります。(1)は、多嚢胞性卵巣(症候群)をはじめとする排卵障害の方で、きちんと排卵を起こして、性交を持てれば解決します。(2)は卵管に軽い閉塞があって、通水検査でそれが解決したためと考えられます。もちろん、いずれの場合も男性側に原因がないことが前提です。

人工授精については、一般に言われているとおり、妊娠率はあまり高くありません。上のタイミング指導で述べたような原因(タイミング指導で妊娠しやすい要因がある)以外の方では、患者さんあたりの妊娠率は10-15%です。ただ、人工授精では、どなたが妊娠に至るか予測しにくいので、何回かトライして判断するしかありません。

タイミング指導や人工授精で妊娠された方の治療を振り返ることで、身体に備わった生殖という営みに新たな感動を覚えます。そして、その方々から学んだ所見、例えば AMH 値にこだわる必要はないとか、子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、チョコレート嚢腫があってもそれがすべての原因ではないとか、そういう事実を体外受精治療を受けている方々へ活かしています。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ