横浜HARTクリニック

〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-32-13 第2安田ビル7階

横浜HARTクリニック

ブログ・コラム

Blog・Column

知恵と勇気

だいぶ暖かくなりました。花粉症の方も、スギ花粉にアレルギーのある方は大分症状が軽くなってきた頃ではないでしょうか。

2月、3月と診療がとても忙しかったのですが、妊娠に至って産科へ転院された方も多く、4月に入って外来も落ち着いてきました。当院では産科へ転院される際に出産報告書をお渡しして、出産に関する情報を送っていただくようにしています。体外受精で妊娠された方たちについては、日本産科婦人科学会への登録義務がありますので必要な情報ですが、それとは関係なく、私たちとしてはこの出産報告をいただき無事出産されたことを確認して初めてほっとすることができるのです。年齢の高い方、子宮筋腫や子宮内膜症など病気のある方も多いので、妊娠すればよいというものではなく、この報告書が届くまでは、「〇〇さんは無事に出産したかな」と折りにふれて思います。

不妊治療に携わっていると、上に書いたように、みんな元気に生まれてきて欲しいと思いますし、その子たちが生まれてくる世界が平和で暮らしやすいものであって欲しいと思います。しかし現実は、世界中で子供たちが戦争や事件に巻き込まれたり、貧困に苦しんでいたりします。これは、私たち大人の責任です。

私は、世界が暮らしやすいものになるためには、「知恵」と「勇気」が必要だと思っています。「知恵」とは単なる知識ではなく、状況を正確に判断、分析して、最適な解決方法を考え出せる能力のことであり、「勇気」とは決断したことを確固たる意志を持って実行し、かつその結果に対して責任を負う覚悟を持つことだと考えます。

自分が行う日々の不妊治療では、何万人もの人の人生を一度に大きく変えることはありません。しかし、些細なものかも知れませんが、「知恵」と「勇気」は活かされています。丁寧できめ細かな問診と診察によってそれぞれの方の体質や思いを的確に分析して、自分のこれまでの経験を総動員して最良な治療方法を提案しています(「知恵」)。それを患者さんにきちんと説明して、了承を得たら責任を持って遂行し、考えられる副作用に対しても、もし生じたらきちんと責任を持つ覚悟で治療を実施しています(「勇気」)。

常に「知恵」と「勇気」を最大限発揮できるよう、日々勉強と思考訓練を怠らないようにしています。ある程度いつも自分を追い込んでいるところがありますが、私を、クリニックを信じて通院していただいている患者さんのことを思えば、こんな努力をできることはとても幸せなことだと思いますね。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ