横浜HARTクリニック

〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-32-13 第2安田ビル7階

横浜HARTクリニック

ブログ・コラム

Blog・Column

開業9年目を迎えました

皆さん、こんにちは。蒸し暑い日が続いていますが、変わりありませんか?

 

横浜HARTクリニックは、おかげさまで7月7日に開業9年目を迎えました。現在ご通院中の方々、および以前にご通院いただいた方々に心からお礼申し上げます。

 

変化する時代のニーズに応えながら、「横浜HARTクリニックらしさ」「横浜HARTクリニックにしかできないこと」を守りたいと思って診療をしてきました。開業からの8年の間には、さまざまな”add on”(エビデンスの少ない付加的治療、検査)が登場しましたが、結局どれにも手を出さずに今日まできました。その一番の理由は今述べたとおり、それらの付加的治療、検査によって妊娠、出産率が高くなるという証拠がないからです。それよりも、患者さんの話に耳を傾け、医学的に正しいことを丁寧に説明して、お互いの信頼関係(ラポール)を築き、その上で確かな医療技術を提供することが妊娠への近道であり、患者さんご夫婦と生まれてくる子供達が幸せになれると信じるからです。PGT や ERA/EMMA/ALICE などの検査もせず、時代のニーズ、流行りに応えていないように見えますが、皆さんの本当のニーズが「子供が欲しい」ではなく、「子供を授かって幸せになりたい」というのであれば、応えているのではないでしょうか。

 

何年経っても、子供に胸を張って、「横浜HARTクリニックで授かったんだよ」、「お父さん、お母さんと一緒に頑張ってくれた人たちがいたんだよ」と言っていただけるクリニックであり続けたいと思います。

 

保険診療が始まった今も自費診療による体外受精を続けていて、何となくニッチなクリニックに思われているかもしれません。しかし、ただ周りが変わっただけで、私達は開業からずっと変わらない診療理念を守っているだけです。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ