横浜HARTクリニック

〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-32-13 第2安田ビル7階

横浜HARTクリニック

ブログ・コラム

Blog・Column

特別プログラムについて

皆さん、こんにちは。大分、蒸し暑くなりましたね。

 

さて、お知らせ欄からご覧になった方もいらっしゃると思いますが、この度「特別プログラム」という治療プランを作りました。横浜HARTを開業して間もなく8年になりますが、これまで費用はほとんど改定したことがありません。そして、その費用をどのように決めているかについては何度かブログに書きましたのでご参照ください。

 

今回の「特別プログラム」は、一見単なるディスカウントのように見えるかもしれませんが、以前に通院していただいた方々や、今通院中の方々にも不公平にならないよう十分に配慮した上で、治療がつらいものにならず、さらに当院の良さを一組でも多くのご夫婦に知っていただけるよう考えて作成したものです。

 

不妊治療、特に体外受精は、経済的な負担に加え(あるいはそれ以上に)精神的な負担が大きく、治療を続けること自体が大変なことです。費用が安いからといって延々と続けられるものではありません。当院では、体外受精で妊娠する方の60%が1回目、80%が2回目、90%が3回目の採卵で妊娠しています。そこで、体外受精の経験がある方(当院、他院を問いません)を対象に、それぞれの方の治療経過をもとに最適な治療法を考えて、1回で結果を出せるようお互いに頑張ってみませんかというのが「特別プログラム」の思いです。もし1回目の採卵で胚盤胞が得られなければ、その理由を考えて2回目の採卵を頑張ってみて下さい。そして、頑張れるなら、その2回目の採卵および培養にかかる費用をクリニックが負担しますというものです。

 

ご興味をお持ちいただけましたら、気軽にご相談ください。

後藤 輝樹さんがお越し下さいました。

 

先日(6月上旬)、後藤輝樹さんがクリニックにお越しくださいました。

後藤さんは政治家を目指されて以来、日本をより良い国にしたいと、様々な形で世の中に真剣に発信し続けておられます。

 

今回、後藤さんと対談させていただいたきっかけは、少子化問題について後藤さんのお考えをお聞きしたかった事と、今の不妊治療の現状をこちらからお伝えしたく、情報交換の場を作りたかったという理由からです。

後藤さんは、民意をしっかりと表現される方で、

物事を俯瞰し、冷静に捉え、問題提起とともに何が必要かを常に発信しておられます。

その姿勢には、一切のブレがありません。

 

後藤さんは以前より、政見放送等で少子化対策について発信されておりました。

少子化問題や不妊治療の現状をきちんと話し合うためには、日々、真面目に真剣に政治活動に取り組んでおられる後藤さんが適任ではないかと考えておりました為、今回の対談をお願いしました。

後藤さんはすぐに快諾して下さいまして、対談が実現いたしました。

今回は、「この国で安心して子供を産み、育てていくために国はどうすべきか」「生まれてくる子供がどのような形であっても、子供と親が幸せに生きていける社会にするにはどうしたら良いか」を中心に話し合いを行いました。

後藤さんからも様々なご意見をいただき、改めて学ぶ良い機会となりました。

私たちも、医療の現場から現実的な声を届けることで、今後のより良い社会を作る上で何かお役に立てればと願うばかりです。

 

最後になりますが、お忙しいところこのようなご機会を賜り、真剣にお話を聞いて下さった後藤さん、本当にありがとうございました。

スタッフ一同、心より感謝申し上げます。

 

後藤さんは今年の参議院選挙に出馬されるそうです。 心からご健闘をお祈り申し上げます。

 

 

看護部 平良

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ