横浜HARTクリニック

〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-32-13 第2安田ビル7階

横浜HARTクリニック

ブログ・コラム

Blog・Column

  1. ブログトップ
  2.  » スタッフ

横浜HARTセミナーを行います。

毎日寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

巷では新型肺炎やインフルエンザが猛威をふるっており、深刻な事態に陥っております。

マスクや手指用の消毒ジェル等も入手困難となっていますが、まずは基本のうがい・手洗いの励行を徹底し、感染防止に努めたいところです。

 

さて前回のブログにも書かせて頂きましたが、横浜HARTセミナーを再開したいと思います。

今年は毎週木曜日 18:30~19:30 に実施致します。

内容や詳細につきましてはHPに後日掲載しますが、体外受精をご検討しており関心がある方を対象に行います。

体外受精ってどんな事をするのか、期間はどのくらいなのか等、初歩的な事を知りたい方も是非聞いて頂きたいと思っています。

当院に通院中の方以外もご参加いただけます。

当院での初診〜治療までの流れ、費用等について詳しくご説明致しますが質疑応答の時間も設けていますので、是非この機会にご不明点をお聞きになって下さい。

 

当院のセミナーは参加されるご夫婦が質問しやすいように、また私達からご夫婦のお顔が見えるよう毎回5組限定とさせて頂いています。

初めて参加される方にとって驚かれるかとは思いますが、小規模ながらの良さもあります。

 

初回は2/13なっておりますので、どうぞご参加下さい。

 

 

看護部 平良

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本年も宜しくお願い致します。

新しい年が明けて、早1ヶ月が経ちました。
ご通院の皆さまには、昨年も当院の診療にご理解、ご協力頂きまして大変ありがとうございました。
改めて感謝申し上げます。

スタッフ一同も、また新たな気持ちで精進して参りたいと思います。

 

今年はセミナーの内容をリニューアルし春頃から再開する予定です。

これまでは、体外受精の歴史から現代の治療法、年代別妊娠率の統計等をお話しさせて頂きました。

また、実際の体外受精の治療周期に入った場合の流れを動画で説明していました。

患者さん個々によって、知りたい情報や聞きたい事などが異なりますので、今後のセミナーでは今までの内容を再検討し、よりシンプルで分かりやすい内容の改善を検討しております。

その場でご質問もお受けいたします。

 

本来の体外受精の治療の在り方を理解し、その上で治療への取り組み方を考えていく事が当院のセミナーの目的です。

 

当院の治療方針を知って頂き、ご理解下さる方に通院して頂きたいと考えています。

 

治療を開始後も、お一人おひとりのケースと向き合って一緒に頑張らせて頂ければと思いますので、不安なことやご不明な点は参加された際に是非お聞き下さい。

 

セミナーは当院のご通院中の方、これから病院をお探しの方、どなたでも参加可能となっておりますので、ご興味のある方は是非ご参加下さい。

 

 

看護部 平良

 

本年もありがとうございました。

早いもので、年末まであと2週間をきりました。

今年も、当院へご通院下さった皆様には厚く御礼を申し上げます。

また、ご不便をおかけしたり、細かい点まで行き届かない所もあったかと思います。

この場を借りてお詫び申し上げます。

今年も産科へ転院された方、ご出産された方、治療を終結された方、それぞれの方がいらっしゃいました。

私達スタッフはそれぞれの方が、「治療を行なって良かった」と感じてもらえるような治療、ケアが出来たのか常に考えながら日々の業務を行なっております。

日々の診療の中で、何か気になる事がありましたら、是非お声かけ下さい。

患者さんが快適に診療が受けられるように、努力してまいります。

 

当院では治療をお受けになる患者さんには、正しい医療を提供したいという目標があります。

開業時から現在に至るまで大きく変化したことは、治療に関するインターネットの情報量が格段に増えていき、かえって情報過多になっていった事だと感じました。

その為、患者さんが情報に対し混乱や不安を生じ、誤解が多いまま治療に進む方が多くなったのは事実です。

 

ひとりの人間を産み出す、尊い治療です。

 

その時にこそ、医療スタッフがきちんと患者さんに向き合い、一人ひとりに添った治療やケアを提供していく事が重要だと感じます。

また、今では不妊症に関する検査や診断が増えてきました。

果たしてその検査や診断が自分たちにとって必要なのか、もしくは医学的に根拠があるものかどうか、医師と話し合える事が一番大切だと思います。

必要な際は、是非医師にご相談下さい。

医学的に根拠のある正しい治療を受けることが、皆さんにとってより良いものであることを願います。

 

 

看護部 平良

 

 

 

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ